24時間WEB予約
無料体験申込はこちら

ASJJF東京国際春季大会

2月10日(日)、新宿区大久保のGENスポーツパレスにてタイトルの大会が行われました。

東京教室より5名が参加しました。

遥希さん、負けたけど…

紅一点の遥希さん、今回が初出場です。さすがに未経験なので初戦敗退でした。でも3位入賞しました。もともと負けず嫌いの性格で泣いてましたが、メダルが貰えるとわかるとケロッとして嬉しそうでした。

頑張った!洸輝くん

柔術を始めて2年目の洸輝くんですが、未だ勝ち星無し。今回こそ初勝利を目指して挑みました。

初戦は相手に引き込まれてガードポジションを取られ、そこからパスとガードの応酬。結局本戦で決着がつかず延長戦になり、そこでも同じ内容が続きましたが最後に洸輝くんがしつこくガードを割ってパスガードをもぎ取り初勝利しました。

おめでとう!

続いて準決勝は相手にタックル、サイドポジション、腕十字固めと負けてしまいました。

残念!

相手の子はとても強いですね。そのまま優勝してました。でも強い子と戦えたのは良い経験です。それに初戦は非常にタフな試合でした。それに勝てたのは洸輝くんの成長を感じました。

初出場の琉生

まだ経験は浅いですが練習ではとても楽しんで頑張っている琉生くん。

試合は緊張して相手にバックを取られ負けました。初めてなのでこれはしょうがないかと思います。

本命の太陽くん

優勝する気満々の太陽くん、そのまま優勝しました。

一回戦、まさかの肩固め、一本勝ち、渋すぎる!

準決勝、投げを連発して判定勝ち

決勝戦、見込みで十字絞め、一本勝ち

空手の戦い方をそのまましてあるので怪しいところも多いですが貫禄の優勝でした。

寡黙な飛羽くん

寡黙な飛羽くん、お父さんをセコンドにして挑みました。

準決勝、判定勝ち

決勝戦、ポイント2-0で判定負け

準優勝、惜しいです。相手は何と名古屋から来ているそうです。応援もすごいしチーム力とやる気の差で負けたかな。

次回は優勝してほしいです。

総括

今回は初勝利、初優勝など子どもたちが結果を出せるようになってきました。教室全体のレベルも上がって来て私も嬉しいです。これからも子どもたちが柔術を通して成長していきたいです。

追伸:

ちなみに私も試合をしました。

巴戦で初戦、敗者復活戦も負けて3位です。2年ぶりの試合はブランク長すぎて、指導ばかりなのでダメでした。ギリギリのところで負けてましたね。私も頑張っていきます。

ZENPRO JIUJITSU 03 結果

こんにちは! インストラクターの工藤です。

10月8日(日)三連休の中日、長野県は駒ケ根市の禅道会駒ケ根道場で行われました「ZENPRO JIUJITSU 03」という柔術大会に参加しました。

当教室からは4名出場しました。

第1試合 相沢飛羽 判定勝ち(4-0)

相手のタックルを切って後ろに回り込みバックポジションを取りました。
そのまま時間切れまでポジションキープして4-0の判定勝利

第2試合 中村政晴 一本負け(チョークスリーパー)

相手にタックルされてテイクダウンポイントを取られる。スタンド再開から腰投げをするもつぶされ、バックを取られてチョークスリーパーをされて敗退。

第4試合 長谷川太陽 一本勝ち(腕十字固め)

タックルを仕掛けるが相手の腰が重く倒せず。しつこく倒しに行くが逆に倒されてテイクダウンポイントを取られる。ガードポジションになり、下からの腕十字、三角絞めを何度も仕掛け、最後に腕十字を決めて一本勝ち!

第6試合 井上雄斗 判定勝ち(7-0)

相手にタックルを仕掛けられ、そこからバックポジションを取られそうになりながらも持ち前の粘り強さでなんとかトッポポジションを取り返す。
そこから膝で相手のガードを割って、パスガードする。
横四方固めでガッチリ固めてからのマウントポジションを取って7点ゲット!
最後に相手の反撃でガードに戻され執念の腕十字を取られそうになったところでタイムアップ。最後は危なかったですが概ね安定の勝利でした。

YouTube配信

大会の模様はYouTubeにて配信されました。
ぜひ見てください。

総評

出場者4名中3名が勝利、初めてこの大会に出場した時は全敗でした。正直に言うと地方の大会だと思って油断してしまいました。

今回は子どもたちの足りないものは何かを考えてじっくり取り組んでいきました。
全員がただ何となく頑張ったのではなく安定した戦い方が出来たと思います。それが今回の結果につながったと思います。

それと共に子どもたちが大幅に成長することができました。以前は試合をしても負けることが多かった。今回の勝利を機にさらに成長することが出来ると思いました。

今後はSJJJF、JBJJFの大会にも出場して行きたいと思います。

パンクラスの試合、負けました。
応援してくれた方、対戦相手の加藤選手、ありがとうございました。

試合が終わって久しぶりに余裕が出来て、練習の写真を撮る。
いつも木曜は少ないのに、この日たくさん集まって賑わってました。

パンクラスネオブラッド5全試合順決定!

キッズブラジリアン柔術小金井教室、インストラクターの工藤です。

私が出場する8月27日(日)パンクラス NEO BLOOD! 5
全試合順決定しました。
私の試合は8試合目です。
応援よろしくお願いします。

pancrase.co.jp/tour/2023/neob…

キッズブラジリアン柔術小金井教室、インストラクターの工藤です。 私が出場する8月27日(日)パンクラス NEO BLOOD! 5 全試合順決定しました。 私の試合は8試合目です。 応援よろしくお願いします。 pancrase.co.jp/tour/2023/neob…

SJJJFプレ柔術甲子園

2023年7月15日(土)錦糸町の墨田区総合体育館にてSJJJFプレ柔術甲子園が開催されました。今年も出場しました。毎年参加しているこの大会、今年は2名とちょっと少ないです。

相沢飛羽くん、白帯ユースフェザー級

1回戦、相手の足払いに苦戦して転がされてしまい、2ポイントを取られますがクロスガードになって、そこからスィープを狙って猛攻を仕掛けます。ポイントを取れませんが、相手のば沢飛羽くんの1回戦、相手の足払いに苦戦して転がされてしまい、2ポイントを取られますがクロスガードになって、そこからスィープを狙って猛攻を仕掛けます。ポイントを取れませんが、相手のバスターで反則勝ちしました。

2回戦、勝てばメダルなのですが相手の引き込んでからスィープして腕十字固めが炸裂、負けてしまいました。

長谷川太陽くん、灰帯ユースライト級

灰帯に上がってまだ勝利が無い太陽くん。

1回戦、相手を引き込んで腕十字固めを狙うも極めきれずパスガードされて腕十字固めを狙われるもなんとかしのぎますが2回目の腕十字で決めら負けてしまいました。

試合後は…

飛羽くんは初勝利が出来ました。太陽くんは灰帯、初勝利ならず。二人とも試合後は悔しくて泣いてました。二人とも負けず嫌いの男の子ですね。大丈夫、その気持ちがあれば次は勝ちます。彼らの柔術人生はまだまだこれから強くなっていきます。私も二人の成長を見守っていきたいです。

少年RF武道柔術大会

6月18日(日)台東リバーサイドスポーツセンターにて禅道会の第3期少年RF武道柔術大会が開催されました。当教室からも参加しました。

優勝の太陽くんと準優勝の政晴くん
準優勝の雄斗くん

太陽くん、優勝!政晴くん、雄斗くん、準優勝でした!おめでとうございます!

ZENPRO JIUJITSU 02結果

こんにちは!インストラクターの工藤です。

ZENPRO JIUJITSU 02というブラジリアン柔術の大会に当教室から2名の生徒が参加しました。その模様をお伝えします。

長野県で柔術大会

長野県でブラジリアン柔術を広めるため禅道会の関係者によって始めた大会で今回が2回目になります。

長野県駒ヶ根市の禅道会駒ヶ根道場、特設リングで行われYouTubeでライブ配信もされます。

第一回大会は参加した生徒全員見事に負けてしまいました。今回はどうなるか楽しみです。

龍星くん、初勝利!

この日親子で参加した井手龍星くん。

ジュニアAブロックに出場

一回戦は首投げと引き込んで三角絞めを狙い、積極的に攻めます。首投げを仕掛けるが返され倒されてもポジションを作らせずひっくり返して逆にサイドポジションを取って、そこからはパスガードとマウントを連続して取って最後にダメ押しのバックポジションを取って18-0の判定勝ち!

続いて準決勝、試合開始すぐに相手が強力な引き込みをしてきてすぐに腕十字固めを極められて一本負けでした。

くやしい!

進化を見せた悠吾くん

ジュニアBブロックに出場

開始早々、引き込みに成功。そのまま三角絞めの形に持ち込み有利に進めるが中々決まらず。

三角を外してヒップスローするが失敗、そこからお互いに上のポジションを取ったり取られたり。

その間、相手の子にスイープポイントが入り、クロスガードをされて時間切れ、2-0判定負けでした。

負けてしまいましたが三角絞めやヒップスローなど技が出ていてとても良い試合でした。

Youtube配信してます

今回の大会Youtubeでライブ配信されてます。全試合視聴可能です。

試合を終えて

悠吾くん、試合後は悔しそうでした。いい試合をしても負けたらやっぱり悔しいです。その気持ちがあればこれからもっと強くなります。まだまだこれからが楽しみです。

前回、何もできずに負けたのに比べれば今回、二人とも格段に成長を遂げました。今後の活躍に期待してます。

そしてもう次の大会に向かっています。子どもはどんどん進んで行きますね。私も負けずに必死についていきます!

一般会員と一緒に記念撮影

SJJJF TOKYO INTERNATIONAL SPRING JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2023 /
東京国際春季柔術選手権2023

こんにちは!キッズブラジリアン柔術小金井教室、インストラクターの工藤です。

先日の3月26日(日)、駒沢オリンピック公園体育館で行われましたSJJJF 東京国際柔術選手権大会にキッズブラジリアン柔術小金井教室から5名参加しました。

SJJJF TOKYO INTERNATIONAL SPRING JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2023 /
東京国際春季柔術選手権2023

東京中の道場が集まる大会とあってレベルもかなり高い大会でした。
ほとんどの子が一回戦敗退する中、当教室のエースの太陽くんが3位入賞しました。

おめでとうございます!

東京国際、レベル高い!

太陽くん、一回戦はあっさり腕十字固めで一本勝ち。

二回戦は苦戦しながらも試合終盤で腕十字を取って一本勝ち

準決勝は序盤にパスガードを取るも相手を抑えきれず、クロスガードからの下から腕十字固めを決められてまさかの一本負け

3位入賞は立派と思いながらも、東京中の道場だけでなく関東地域の道場からも集まるし、海外からの参加者もいる、参加してみてわかったのは非常にレベルの高い大会でした。

今回、太陽くん以外は全て一回戦負けでした。教室のレベルはまだまだ大会のレベルに及ばないと思いました。

コツコツとレベルを上げて、この大会に通用するレペルまで上げていきたいと思いました。

大会スタッフの方々、対戦していただいた方々、ありがとうございました。

そして出場した生徒たち、保護者の方々お疲れ様でした。

最後にみんなで記念撮影

【RIZIN.39】クレベル選手が三角絞めで完全勝利!

こんにちはキッズブラジリアン柔術小金井教室、インストラクターの工藤です。

 10月23日、福岡・マリンメッセ福岡で『RIZIN.39』という格闘技の大会が行われネットで視聴しました。目当てはもちろんメインイベントのクレベル・コイケ対牛久絢太郎のRIZINフェザー級タイトルマッチです。屈指の極めの強さ持つブラジリアン柔術黒帯のクレベル・コイケ選手。RIZINに参戦してカイル・アグォン、摩嶋一整、朝倉未来、佐々木憂流迦、萩原京平と試合して全て関節技、絞め技一本勝ち、5連勝しています。そして今回もブラジリアン柔術の技術を駆使して圧倒的勝利をしました。

抜群の組み技、寝技技術!

 1R、初めにムエタイで鍛えた打撃で距離を詰めてプレッシャーをかけて、牛久選手のフックをクレベル選手が胴タックルでテイクダウン成功。ここからはクレベル選手の寝技技術見せどころです


 クローズドガード状態になり牛久選手が立ち上がろうとした瞬間をクレベル選手がバックを奪いにいく。牛久選手が耐えてハーフガードに戻す。ここからクレベル選手身体を密着させて肩固めに入る。極まりませんがこの辺のがっちり抑え込んで技に入るところはさすがです。

2Rは相手の蹴りを捕まえて寝技に持ち込む。牛久選手も足関節を仕掛けますが冷静にかわして一度立ち上がります。クレベル選手が首投げを仕掛け牛久選手が堪えて寝技に入り、ここで面白かったのはクレベル選手がバックを取ろうとしていたのに、そこからスルッと三角絞めに入ってしまう。あまりにも鮮やかで何も抵抗できずに形に入りそのまましばらくして決まってしまった。その間、クレベル選手は何か叫んでいましたがなんでしょうね。

今回の試合、柔術家から見てもとても興味深かったです。ブラジリアン柔術の技術がふんだんに使われていました。単純に関節技の部分だけではなく、相手に組み付くタイミングや間の取り方、抑え込みやガードポジションの安定感、引き込みの強さなど勉強になるところがたくさんありました。これ以上ない完璧な戦い方だと思いました。

年末にもライジン、ベラトール対抗戦への出場が決まっているそうです。こちらもぜひ見たいですね。いまからとても楽しみです。