24時間WEB予約
無料体験申込はこちら

パンクラスの試合、負けました。
応援してくれた方、対戦相手の加藤選手、ありがとうございました。

試合が終わって久しぶりに余裕が出来て、練習の写真を撮る。
いつも木曜は少ないのに、この日たくさん集まって賑わってました。

SJJJF TOKYO INTERNATIONAL SPRING JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2023 /
東京国際春季柔術選手権2023

こんにちは!キッズブラジリアン柔術小金井教室、インストラクターの工藤です。

先日の3月26日(日)、駒沢オリンピック公園体育館で行われましたSJJJF 東京国際柔術選手権大会にキッズブラジリアン柔術小金井教室から5名参加しました。

SJJJF TOKYO INTERNATIONAL SPRING JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2023 /
東京国際春季柔術選手権2023

東京中の道場が集まる大会とあってレベルもかなり高い大会でした。
ほとんどの子が一回戦敗退する中、当教室のエースの太陽くんが3位入賞しました。

おめでとうございます!

東京国際、レベル高い!

太陽くん、一回戦はあっさり腕十字固めで一本勝ち。

二回戦は苦戦しながらも試合終盤で腕十字を取って一本勝ち

準決勝は序盤にパスガードを取るも相手を抑えきれず、クロスガードからの下から腕十字固めを決められてまさかの一本負け

3位入賞は立派と思いながらも、東京中の道場だけでなく関東地域の道場からも集まるし、海外からの参加者もいる、参加してみてわかったのは非常にレベルの高い大会でした。

今回、太陽くん以外は全て一回戦負けでした。教室のレベルはまだまだ大会のレベルに及ばないと思いました。

コツコツとレベルを上げて、この大会に通用するレペルまで上げていきたいと思いました。

大会スタッフの方々、対戦していただいた方々、ありがとうございました。

そして出場した生徒たち、保護者の方々お疲れ様でした。

最後にみんなで記念撮影

【RIZIN.39】クレベル選手が三角絞めで完全勝利!

こんにちはキッズブラジリアン柔術小金井教室、インストラクターの工藤です。

 10月23日、福岡・マリンメッセ福岡で『RIZIN.39』という格闘技の大会が行われネットで視聴しました。目当てはもちろんメインイベントのクレベル・コイケ対牛久絢太郎のRIZINフェザー級タイトルマッチです。屈指の極めの強さ持つブラジリアン柔術黒帯のクレベル・コイケ選手。RIZINに参戦してカイル・アグォン、摩嶋一整、朝倉未来、佐々木憂流迦、萩原京平と試合して全て関節技、絞め技一本勝ち、5連勝しています。そして今回もブラジリアン柔術の技術を駆使して圧倒的勝利をしました。

抜群の組み技、寝技技術!

 1R、初めにムエタイで鍛えた打撃で距離を詰めてプレッシャーをかけて、牛久選手のフックをクレベル選手が胴タックルでテイクダウン成功。ここからはクレベル選手の寝技技術見せどころです


 クローズドガード状態になり牛久選手が立ち上がろうとした瞬間をクレベル選手がバックを奪いにいく。牛久選手が耐えてハーフガードに戻す。ここからクレベル選手身体を密着させて肩固めに入る。極まりませんがこの辺のがっちり抑え込んで技に入るところはさすがです。

2Rは相手の蹴りを捕まえて寝技に持ち込む。牛久選手も足関節を仕掛けますが冷静にかわして一度立ち上がります。クレベル選手が首投げを仕掛け牛久選手が堪えて寝技に入り、ここで面白かったのはクレベル選手がバックを取ろうとしていたのに、そこからスルッと三角絞めに入ってしまう。あまりにも鮮やかで何も抵抗できずに形に入りそのまましばらくして決まってしまった。その間、クレベル選手は何か叫んでいましたがなんでしょうね。

今回の試合、柔術家から見てもとても興味深かったです。ブラジリアン柔術の技術がふんだんに使われていました。単純に関節技の部分だけではなく、相手に組み付くタイミングや間の取り方、抑え込みやガードポジションの安定感、引き込みの強さなど勉強になるところがたくさんありました。これ以上ない完璧な戦い方だと思いました。

年末にもライジン、ベラトール対抗戦への出場が決まっているそうです。こちらもぜひ見たいですね。いまからとても楽しみです。

クレベル・コイケ、ライジンで牛久絢太郎とフェザー級王座戦!

10月23日に福岡県・マリンメッセ福岡にて行われる『湘南美容クリニック Presents RIZIN.39』でクレベル・コイケ選手がチャンピオンの牛久絢太郎選手とのRIZINフェザー級王座戦をすることになりました。

ライジンHPのニュースページ
https://jp.rizinff.com/_ct/17571348

言わずと知れたブラジリアン柔術の雄、クレベル選手、ライジンでの戦績もまだ無敗でしかも全て絞め技による一本勝ち。同じ柔術家としてとても気になる一戦です。今回もブラジリアン柔術のテクニック存分に発揮して勝利してほしいです。応援します。

クレベル・コイケ選手紹介ページ

ALMA PRESENTS 「ZENPRO JIU-JITSU 01」に出場!

こんにちは!インストラクターの工藤です。試合が終わって2週間立ちます。ずっと大人しくしていたので顔の怪我も大分良くなりました。

怪我の治療は順調です

眼窩底骨折はわかりませんが腫れは完全にはひいて、目の充血も後少しといった感じです。目の下の神経が少し痺れてますが日常生活は問題無く過ごしています。

長野でブラジリアン柔術の大会をします。

私の活動は一段落して、キッズブラジリアン柔術小金井教室は10月9日(日)に長野で行われるブラジリアン柔術の大会に悠吾くん、龍星くん、太陽くん、3人の生徒が出場します。

ブラジリアン柔術交流ワンマッチ大会
ALMA PRESENTS 「ZENPRO JIU-JITSU 01」

長野県駒ヶ根市のFIGHTING SPACE ZENPROで行われるブラジリアン柔術の交流大会で今回が初の大会です。

主催:株式会社マーシャルワールドジャパン

共催:ZenPromotion 株式会社/ 禅道会駒ヶ根道場

試合場はFIGHTING SPACE ZENPRO内の常設リングで行われます。普段は空手やMMAのアマチュアの大会が行われてます。

FIGHTING SPACE ZENPROの常設リング

ちなみに私も大会の役員に入って、準備を進めています。当日は審判をする予定です。

はるばる長野まで行って試合

旅は人を成長するとよく言われます。「せっかくこんな遠くまで来たのだから…」そんな理由で絶対に勝ちたい、何か残したいと思うのが人情でしょう。交通費だってかかるので、ダメ試合はしたくないですよね。

私も当日は大会スタッフをしながら三人を応援したいと思います。試合がとても楽しみです。

SJJJFプレ柔術甲子園4名出場!

 こんにちは、インストラクターの工藤です。先日7月16日(土)、墨田区総合体育館武道場にて行われたSJJJFプレ柔術甲子園に当教室から4名の生徒が出場しました。今回はその模様をお伝えします。

柳田信吉

 柳田信吉くん、小学1年生です。前回は去年の12月に初出場して今回は2回目。レスリングも練習していて、試合もしているので大分経験を積んでからの出場になります。

一回戦、準決勝は引き込む相手をパスガードして抑え込んで順当に勝ち上がりました。決勝戦はポゴナクラブジムさいたま支部の杉内志生さん、あの「クインテット」で大活躍した杉内由紀さんの娘さんです。

最初に引き込んできた志生さん、引き込みに強い信吉くん、ポイントが取れそうな場面もありましたが志生さん立ったところをすかさず得意のタックル、しつこく行ったのですが、志生さん意外に腰が強く切られてしまい、上から攻められて最後は腕十字が決まる。

やはり強かったです。さすがでした。でも信吉くん初めてのメダルで喜んでいました。立派です。おめでとう!

柳田信吉 白帯 キンダーガーデンライトフェザー級 一回戦 試合動画
柳田信吉 白帯 キンダーガーデンライトフェザー級 準決勝 試合動画
柳田信吉 白帯 キンダーガーデンライトフェザー級決勝戦 試合動画
表彰式での一コマ

杉内由紀さん 紹介動画

相沢飛羽

相沢飛羽くん、小学2年生、白帯キンダーガーデンフェザー級に出場。2試合を行い、ともに得意の下から引き込んでのスイープを狙いますが取り切れず、相手にポイントを取られて負けてしまいました。

初出場で本人もとても楽しみにしていましたが残念です。今回出場した生徒の中でただ一人下から攻める子だったので指導者としても大きな課題となりました。次は勝たせます。

相沢飛羽 白帯キンダーガーテン フェザー級 一回戦 試合動画
相沢飛羽 白帯キンダーガーテン フェザー級 一回戦 試合動画

長谷川太陽

長谷川太陽くん、小学校1年生、白帯キンダーガーデンライト級ワンマッチに出場。当教室のこの年齢層の中では圧倒的にフィジカルもメンタルも強い、空手もしている子です。

相手を首投げ、抑え込み、マウントしてポイントを大量に取って、最後は腕十字固めを決めて見事一本勝ち!

初出場で一本勝ちはすごいです。おめでとう!

試合後は嬉しくてとにかくポーズを決めまくる。すでに大物ぶりを発揮してます。

長谷川太陽 白帯キンダーガーデンライト級ワンマッチ 試合動画

中村政晴

中村政晴くん、小学2年生、白帯ユースライト級に出場。柔術を初めて1年ぐらい、空手もやっている子ですが、になりますが事情があって長期間休んでいました。試合はどうしても練習不足の面が否めず、2試合とも敗退。でも試合中セコンドの私の指示を聞いて頑張っていた姿はとても感動しました。試合後は悔しくて泣いてました。普段は様子からはわかりませんでしたが本当はすごい頑張り屋で負けず嫌いな子です。たくさん練習して次こそは勝ちたいです。

中村政晴 白帯ユースライト級一回戦 試合動画
中村政晴 白帯ユースライト級3位決定戦 試合動画

以上、今回の大会の模様でした。

勝った子、負けた子いろいろでしたが、みんなの頑張っている姿を間近で見ることが出来て本当に良かったです。今回の大会をきっかけにみんな大きく成長出来たと思います。そして今後もブラジリアン柔術を通してさらなる成長を願うばかりです。

出場した生徒、練習に付き合ってくれた生徒のみんな、保護者の方々、対戦相手、大会関係者の方々、本当にありがとうございました。

キッズブラジリアン柔術小金井教室
工藤修久

集合写真

9月11日(日)パンクラス329出場します!

こんにちは!キッズブラジリアン柔術小金井教室、インストラクターの工藤です。
この度、9/11(日)パンクラス立川ステージガーデン、出場します。

http://blog.livedoor.jp/pancrasenews/archives/1817007.html

【大会詳細】

日時:9月11日(日)
   OPEN 14:00 (予定)
   START 14:30 (予定)

会場:TACHIKAWA STAGE GARDEN

入場料金:A席:¥9,000-
     B席:¥8,000-
※未就学児は膝上観戦に限り無料です。

チケット発売日:7月24日(日)

まだまだ成長できることを信じて戦います。
そして勝ちます。
応援、よろしくお願いします!

SJJJF プレ柔術甲子園に出場!そして特訓中!

 こんにちはキッズブラジリアン柔術小金井教室、インストラクターの工藤です。暑いですね!梅雨が明けて突然猛暑です。道場でも節電に工夫しながら、暑さに負けない熱い練習をしております。

 7月16日(土)SJJJF主催のプレ柔術甲子園に4名の生徒が出場します。

SJJJF公式ページのエントリーリストより

 久しぶりにブラジリアン柔術の大会です。現在、試合に向けた猛特訓中です。全員勝利を目指して頑張ります!

三点倒立ブーム

 普段の練習の中で毎回必ずというわけではないですが三点倒立をしています。単純な体力ではできない、体幹力が必要な動作です。でも出来てしまうととても簡単で半永久的にずっとすることができます。

 先日、他のメニューをしたくて三点倒立を省いて休憩に入ると子どもたちで自発的にやっていました。「今日はしなくていいんだよ」と声掛けしても「いや、やりたい!」と言ってやり続けていました。

 三点倒立は家でもできる練習ですが日常生活ではやらない、この道場でしかやらない非日常感がとても楽しいのでしょうね。

RF武道柔術大会出場!優勝者続出!

 こんにちは、キッズブラジリアン柔術小金井教室インストラクターの工藤です。5月22日(日)台東リバーサイドスポーツセンターにて空手道禅道会横浜支部主催による「第2期少年RF武道柔術関東大会」が行われました。

 禅道会の空手はパンチ、キックなどの打撃だけでなく投げ技、関節技といった組み技技術も有りのルールですが、この大会はその組み技のみで戦う大会になります。

 当教室の母体団体が空手道禅道会東京支部ということもあり、今回は小学生、中学生合わせて5名参加しました。

試合結果

柳田信吉 <ビギナークラス>小学1年生 軽量級の部 
トーナメント優勝

 全部で3試合をした信吉くん、レスリングベースでタックルが得意なのにルールでは反則なのでどうしようかと悩んで対策を考えていましたが、レスリングにもある技、一本背負いがばっちりはまって、持ち前の運動能力の高さもあって見事に優勝しました。

お見事です!

信吉くんの一本背負い

長谷川太陽 <ビギナークラス>小学1年生 重量級の部
トーナメント優勝

 柔術だけでなく禅道会の空手教室にも通っている太陽くん、恵まれた体格と抜群の運動能力で3試合全て圧勝していました。試合後、写真の前ではおどけていたのに私に報告に来た時には恥ずかしそうにしていてかわいい一面もありました。


清水奏一朗 <エキスパートクラス>U-12の部
ワンマッチ敗退

 空手教室にも通っている奏一朗くん、空手では結構強く才能のある子だが現在は中学受験のための勉強に忙しく中々練習時間が取れず。その上相手の子はかなり強い子で、テイクダウンされて何とか上のポジションをとっても下からの腕十字固めをされて敗退。
 練習不足が出てしまった試合でしたがそれは仕方がないと思います。今を急いで結果を求めず生活が落ち着いたころにしっかり取り組むことが大事だと思います。


重田仁 <レギュラークラス>中学生男子の部
トーナメント優勝

 中学2年生の仁くん、すでに大人と練習をしています。1回戦は体格差であって順当に優勢勝ち。2回戦は禅道会空手黒帯の子と対戦。試合はお互いにポイントを取り合う白熱した内容でした。仁くんはテイクダウンしては抑え込むという格闘技の基本的な戦い方をひたすら実行していき見事勝利しました。いつもは優しい顔をしているのに試合中は真剣な表情でかっこよかったです。


藤川アヴィア <エキスパートクラス>U-16の部
マンマッチ勝利

 MMAファイターのアヴィアさんですが今回は相手を引き込んではスィープ繰り返し最後は腕十字固めを極めて文句なしの勝利です。ブラジリアン柔術らしい戦い方で相手選手が慣れていない戦い方のようで、技術面だけでなく戦略面でもばっちりはまって完璧な内容だと思います。

仁くんとアヴィアさん

試合を終えて

 今回の大会はブラジリアン柔術の大会ではないので同じ組み技ルールでも実はルールが全然違います。主なところではタックル、相手の足を持つ行為は反則、寝技は10秒まで、ビギナールールでは関節技は無しなど。もともと禅道会が総合格闘技を目指しているため組み技もそれに近いものを考えています。

 そのため試合に出ると決めてからは練習方法を変えていきました。普段OKなことが突然ルール違反になり生徒たちにとってもとてもやりずらいと思います。そんな中でも自分のできること探して突破口をみつけて勝ち上がっていく。状況に応じて対応していく力はとてもすばらしいと思いました。

 今後は本来のブラジリアン柔術の練習にもどりますが今回の大会は生徒たちにとっても良い経験になったと思います。

 選手のみなさん、スタッフの方々、お疲れ様でした。