オリジナル柔術着、購入 – キッズブラジリアン柔術小金井教室

中学生の仁くん(写真右)、小学校から通っていて、この度大人用の柔術着を購入してくれました。ありがとうございます!

まだ中1ですが体も大きいので先週から一般クラスに参加してます。大人相手に頑張ってます。

前回り受け身(低学年クラス) – キッズブラジリアン柔術小金井教室

キッズブラジリアン柔術小金井教室低学年クラスで前回り受け身を強化中。

障害物を乗り越えてやってみました。みんなとても上手にできました!

【2021全日本RFチャレンジカップ】で優勝しました! – キッズブラジリアン柔術小金井教室

こんにちは!キッズブラジリアン柔術小金井教室、インストラクターの工藤です。

先日の12月5日(日)、長野で行われた禅道会2021全日本RFチャレンジカップに出場し、勝利しました。

最近は空手をメインに活動しておりますが(禅道会空手初段)、今回の試合では打撃戦からタックルで寝技に持ち込み、パスガードして抑え込んでから腕十字固めに持ち込んで一本勝ちでした。

禅道会空手は組技、寝技もあるルールなので、ちゃんとブラジリアン柔術の技術を活かして戦うことができました。

試合の映像が禅道会本部のYoutubeに上がったのでぜひご覧ください。

RF空手マスターズ73kg以下級決勝戦
工藤修久vs 斎藤天

前回り受け身(高学年クラス) – キッズブラジリアン柔術小金井教室

先日のキッズブラジリアン柔術小金井教室、障害物を乗り越えての前回り受け身(前方回転受け身)をしました。
いつもやっている受け身も工夫すれば楽しくなりますね。
そしてみんなとても上手です。

がんばる5歳たち – キッズブラジリアン柔術小金井教室

 どうもこんにちは!

 キッズブラジリアン柔術小金井教室のインストラクター、工藤です。

 最近、当教室の5歳の子がとっても元気です。せっかくなので紹介いたします。

頑張り屋のレイジくん

キッズブラジリアン柔術小金井教室、入会は5歳から
レイジくん
キッズブラジリアン柔術小金井教室

 最近入会したレイジくん、ちょっと太めのかわいい男の子です。最初に練習したマット運動が上手にできなくて、それが悔しくてお家でお父さんと猛練習して出来るようになってきました。

レイジくんの後転
キッズブラジリアン柔術小金井教室
レイジくんのパスガード
キッズブラジリアン柔術小金井教室

 それからも道場で習ったことをお家で持ち帰ってはお父さんと練習してきて道場で披露するということをたくさんしてくれます。

 上級生や大人とも自分から仲良くなって遊んだりしてとても楽しい子です。

テクニシャンのシンキチくん

抑え込みをしているのがシンキチくん
キッズブラジリアン小金井教室

 お次はシンキチくん、いつもお父さんと一緒に来てお父さんのアドバイスを受けながら練習しています。シンキチくんもお父さんも格闘技が大好きで一緒に格闘技マンガを見たり、テレビで格闘技を見たりしているそうです。

 とても練習熱心で習った技をしっかり反復練習できる子です。スパーリングでは練習した技を出していたり、上級生にも負けなかったりととても才能を感じます。

シンキチ君のパスガード
キッズブラジリアン柔術小金井教室
シンキチ君のスィープ
キッズブラジリアン柔術小金井教室

 将来は強くなること間違いなしのシンキチくんでした。

入会は5歳から

 当教室では今、5歳の子がすごい頑張ってます。二人ともとても勉強熱心で、とても楽しんでいます。
 なんとなく小さい子に格闘技は無理なイメージがありますが、そんなことはなく全然ありません。

 低学年(幼年)クラスは5歳から入会可能です。
 小さいころから格闘技、ブラジリアン柔術をやらせてみてはいかがでしょうか。お問い合わせ、お待ちております!

柔術で技をきめるには? – キッズブラジリアン柔術小金井教室

 高学年クラスのエイメイ君、スパーリングで初めて三角絞めをきめました。たまたま動画に取っていたので今回アップしてみました。

 普段から三角絞めを集中して打ち込み練習していました。相手の子も慣れていなかったのもありましたが練習の成果が出ました。

技を覚えられない

 ブラジリアン柔術にはたくさんの技があります。経験年数を重ねればそれらの技をたくさん覚えていきます、当たり前の話ですが。

初めて格闘技を経験する子どもたちにどの技を覚えていけばよいのか。実は教室を始めたときからずっと持っていた悩みでした。

 基本のマット運動やストレッチだけでも何十種類もあり、しかも解ってくるとどれも大事な動きだと思えてきて全部しっかり覚えさせたいが、さすが全部は出来ないし多分、覚えられない。

なるべく厳選しても「これ出来たほうがいいよね」「これもやった方が良いかな」などと思ってやらせてしまう。

いろいろやるのも大事な気がしますがやっぱり覚えられる訳もなく結局は何も身につかないことが多いです。

いろんな技より一つの技を…

逆に一つの技をしっかりやり込んだ方が良いのかと思うようになってきました。

なぜなら三角絞めにしろ腕十字固めにしろ、一つの技には複数の要素、動きが含まれているので、しっかりやり込むことでそれらの要素を身につけることができる。これがその子に取っての基礎になっていく。

実は子どもにとってもいろんなことをやらされるより、一つのことをやらさらている方が楽なように見えます。それだけやっていれば良いのかと気が楽になるし、集中もしやすいです。

基礎から応用へ

基礎ができて初めて応用ができます。その逆はありません。柔術にはいろんな技がありますが、それらを全て身につけることはできません。一つの技を地味に反復練習することの方が上達の近道に思えます。

今回のエイメイ君の三角絞めもその成果だと思います。私から見ればまだまだですがこれからしっかりやり込んでいきRIZINでクレベルコイケが決めたような強力な三角絞めが出来るようなると思います。

東京マスター柔術大会、動画を公開!

先日のSJJJF東京マスター柔術大会、動画が公開されました。

工藤の試合、第1マット、1:35ごろ

井上さんの試合、第2マット、2:49ごろ

ぜひ見てください。

SJJJFマスター柔術大会

4月9日(日)SJJJF マスター柔術大会に私、工藤が出場しました。

今回はマスター(30歳以上)の大会、子どもたちは不参加です。
そのかわり同じ禅道会小金井道場の井上さんが出場しました。

結果、✖工藤-パウロ八木沼〇

私は、ライト級は対戦相手がいなくて一人優勝。マスター1 黒帯 無差別級でパウロ八木沼選手と試合しました。

私の年齢は46歳、パウロさんは31歳。パウロさん、マスターになりたてでまだまだ全然若いですが、頑張ってきました!

試合内容は初めにお互いにテイクダウン、スィープを取り合って2-2の状態。
そこからはお互いに何度か攻めあうも5分の本戦は決着がつかず、初めてのサドンデスルールで時間無制限の延長戦をしました。

どちらかにポイントが入れば即終了のなのですがどちらにも入らず10分ぐらい戦い続け、最後に私にルーチ(消極的)が重なって負けました。

決定的なポイントが無いまま永遠に試合を続けることが出来ないため最後は審判が何かしらの消極性を見つけて、終わらせた感じでした。

なんで負けたかわからないまま、モヤモヤしましたが出された結果は受け入れるだけです。やはり攻め切ることや勝負に出れない自分の弱さもあったと思い、反省して次回こそ勝とうと思います。

結果、〇井上さん―青塚選手✖

禅道会小金井道場の専務こと井上さん(49歳、黒い道着)、50手前にして毎日のように練習する道場内でも超がんばるおじさんです。

マスター4 白帯 ライト級に出場、こちらも本線ではお互い攻め手に欠ける内容で決着がつかず、延長サドンデスルールに突入!お互いに自分の得意な戦い方にこだわり、相手に譲らないため、ぎりぎりとした我慢の展開が続きました。こちらも10分ぐらいにしてようやく井上さんが相手の組手をつぶしてバックポジションを取ろうとしたところを取り切れず、下になりましたが相手がパスガードしようとしたところを何とか亀になって防ぎ、不利な体勢でいまにもバックを取られそうなのをタックルで相手と捕まえて、でもつぶされての危ない状況を続いたと思ったら最後は相手を気合一発でひっくり返して上を取り、スィープポイントで劇的な勝利をしました。

20分近く戦って、ずっと不利な展開が続いた中でも勝利、本当におめでとうございます!
応援していて感動してしまいました。

(写真)試合後の井上さん、完全に疲れ切ってますね。実は無差別級にもエントリーしてましたがさすがに無理です、棄権しました。
 お疲れ様でした。この日のベストバウトは絶対に井上さんだと思います。

試合が終わって…

なんの因果が今回出場した二人が二人とも延長サドンデスルールで長丁場の苦しい戦いでしたが二人とも力を出し切って、最高の試合ができたのではと思います。
終わってみればとても楽しかった、満足のいく大会だったと思います。

SJJJFスタッフの方々、対戦選手のパウロさん、青塚さん、名(迷?)セコンドぶりを見せてくれた青塚選手のセコンドの方、お疲れ様でした。そして本当にありがとうございました。

その後、

井上さんも私も、あれだけ大変な試合をしたのに帰ったら仕事が待ってました。
実はパウロさんも試合後、大会スタッフとして働いてました。
みなさんやっぱり社会人(マスター)だな、と思いました。

新しい子が入りました。

先日、当教室にマサハル君が入会しました。

普段は空手をしていましたが、ある時自分からお父さんに「柔術やりたい」と申し出て、それから体験、すぐに入会してくれました。
ありがとうございます!

体験してすぐに柔術の魅力にはまってしまったようですね。
こちらとしても、マサハル君のこれからの成長が楽しみです。

【親子柔術】ジンくん、お父さんも参加

先日のクラスにジンくんのお父さんが参加しました。
そして親子柔術ならぬ親子対決に発展!


バチバチと熱い戦いが繰り広げられました。
柔術は親子のコミュニケーションにもなります。